クロロシス現象

いつもご覧いただきありがとうございます

先日紹介してた古枝挿し木苗ですが円内の新梢の幹と10年以上経った枝との太さの比較でした。が葉に緑がないクロロシス現象起こしてます。黄色い新芽が出ると突然変異のキメラがおこる事がありますがこれはヤッパリ鉄不足みたいです。

 

これは昨年春に挿し木して9月の発根状態を紹介てた写真ですかその時地中の枝から芽が出るこんな事は少ない現象でしたので紹介してたのですが1年経つとこんな上のような力強い新梢になってます。普通根元に出やすい新梢(シュート)ですが、よく見ると新根の上から伸びてます。

ポットから抜いてみるとそこそこ根は張ってます

底の落ちた用土を酸度検定してみます。土の容量の倍の水道水でかき交ぜてキレイになった上澄を検査してみます。

検査結果

用土がかなりアルカリ化してそうです。とりあえずニ価鉄の葉面散布して新しい用土で植替えします。

最後までご覧いただきありがとうございます

カテゴリー: ニュース, 未分類, 植替, 用土   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です