用土でも変る枝打ちが

いつもご覧いただきありがとうございます

最近・・・明るい紅色の覆輪がでるミヤマキリシマの花の名は当店の「おちょぼ」おかげさまで人気です。昔登録のお客様に配布してましたが、今どうしてる・・・そんな問いかけに返事が来ました。愛知の当店へ登録されてたのが2014年3月28日の登録757女性会員さんです。たぶんお送りした時はこんな小さい苗木でした。

それが・・・こんなにおおきくなってます。

そう言えば先日3本に分けたやっぱりそんなおちょぼに似てますね

当店での鉢土は鹿沼土とボラ土の混合土を使ってますから、これもそれに準じて植えられようです。これは親木からの最初の子供同じ仲間も赤土と腐葉土を混合した畑に植えてる苗木がこれです

枝も優しく伸びてますからまるで別種のようにも見えますが、年数が経つと粗くなるようです。これは親木もそうでしたからまだ素直に伸びてますが枝も細く短くの枝になるものと思います。

それにこんな写真も添えられてました。添え書きにはこんな赤色のミヤマキリシマいいですと・・・

今日タマタマお買い上げいただいてたこれも色合いも似てるかも手前の根上がりの花はハクチョウゲのピンクです。

こんな小品盆栽用ピンクのハクチョウゲ根上りのポット苗よろしかったら店頭価格500円会員様には2割引にてお受けいたしてます

最後までご覧いただきありがとうございます

カテゴリー: ニュース, ミニ盆栽, 未分類, 根上り盆栽, 番外編, 通信販売   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です