植替えの適期

いつもご覧頂きありがとうございます

こちら地方では傷みの少ない植替えの適期なんですが、皆さまやっておられますでしょうか??実は11日に店主は階段の踏み外しで落ちて怪我と打撲で安静中でありまして、情けないけど未だに動けない環境にあります。早くそんな作業のブログ再開を紹介したいと思いますがもうしばらくお待ち願えれば幸いです。いつもご紹介してる蒸散抑制剤のグリンナーの散布で4月でもかまわないそんな実績もありますので是非お試し下さい。最近安否のお電話とかメールにて栽培の質問とかいただくのですが、その中に品種の特性とかの話が出ます。当店で買った品種で「夢絞り」と最近ネットに出回ってる「夢絞り」の花が違うと言う話なんです。当店の夢絞りのラベルの写真ですが

ずいぶんと昔種苗会社買った時に着いてた花柄ラベルの夢絞りです。花の配置はめったにない最高の絵柄ですが絞り咲とピンクと白花と3色の咲き分けですと説明してました。それにニ季咲き。もうひとつピンクの咲いてた枝を挿し木するとピンクだけ咲きますから、これは「乙女の祈り」として別品種として売られてます。

そしてネットに流れてる今の「夢絞り」の花見本がこれなんです。店主はまだ写真でしか見た事はないのですがなるほど初期の夢絞りとは何十年も経つと挿し木の繰り返しで似ても似つかぬ進化をとげてます。 

これからますます面白くなりそうな「夢絞り」って思いますが・・・・・なんとも分かりずらい品種になってます。果たしてこのように咲くのであれば花ラベルいただいてた方がいいですよとお返事してたんですが、業者さんや専門分野の識者間で話し合う品種の話の話し合いが必要になって来てるようです。ネットの世界を改めて見回すと素晴らしくミヤマキリシマの品種が増えてます、この事がミヤマキリシマ愛好家の隆盛には喜ばしい事ですがどこかで線引きが必要なのかも知れませんね。

最後までご覧頂きありがとうございます

カテゴリー: ニュース, 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です